「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:イギリス( 6 )

アイルランドとイギリス2014 おまけ

買い物時間があまりなかったのと、荷物を重くしたくなかったのとで、おみやげはすくな目になってしまいました。(ご近所用箱お菓子や娘友達用いかにもイギリスなお土産はたくさん買った…)
これはパッケージがかわいくて買ったM&Sのお菓子
b0198951_14415834.jpg

アイルランドのSueの知り合いの養蜂家のはちみつ。ふたつ買ったので重かったけど、持ち帰りたかったのでがんばった。
b0198951_1442973.jpg

スーパーで見つけた甘くないお菓子と紅茶。
b0198951_14421657.jpg

手作りグラノーラをアイルランドへのお土産に持っていきました。
b0198951_14422677.jpg

まあ、何が重かったって、娘がアイルランドで拾ったりほったりした石とクリスタルです。ごろごろ、両手のひら一杯。ふたりで40Lくらいのソフトキャリーひとつと、30Lのリュックサックひとつでいったので、けっこうぱんぱん。でも動きやすくはありました。列車移動もあったので、これくらいがちょうどでした。貴重品入れのヒップバックがぶたさんなのはかっこ悪かったかも…。
このようにふたりで旅したというと、英語がぺらぺらなのだろうと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。使わない英語は口からでてこないものです…、反省。
しかし道中みなさん親切に私のつたない英語に付き合ってくださいました、感謝です。
わたしも英語に四苦八苦しながらも、伝えようともがく自分の状況が嫌いではない(どちらかというと好きである)ので、こりずにまた行きたいなと思ってしまうのです。
[PR]
by moemoe-usagi | 2014-08-17 14:39 | イギリス

イギリス2014、5日目

Bradford-on-avon の街を名残惜しんで散歩。
b0198951_1061612.jpg
b0198951_1064067.jpg

再びパディントン。今日の宿は地下鉄でQUEENSWAYへ、そこから歩いて2分の72QTという、ラトヴィア人経営のホテル。便利な立地ですが一泊85ポンドはお値打ち、バスルームは供用ですが、部屋も清潔だし、朝ごはんも顔を見てからおばさんが作ってくれます。しかも私たちのへやは庭に面していたので、心も晴れやか♪ラトヴィア語と英語の表記があるのもおもしろい。
b0198951_107048.jpg

お昼はノッティングヒルの人気のデリ、オトレンギ。
好きなデリを選べます。ピザも別注。デザートはラズベリーの乗ったホワイトチョコムース。美味しい~。
b0198951_10806.jpg

b0198951_1081138.jpg

今日が最後のロンドン、とりあえずLIBERTYへ。入口がイギリスっぽい!
b0198951_1082745.jpg

後はスーパー(WAITROSE)で紅茶とエコバック買っておしまい!
[PR]
by moemoe-usagi | 2014-08-13 10:04 | イギリス

イギリス2014、4日目

今日の宿、LYNCHETTS。街の中心から歩いても5分、しかし入ってみると、すごく広い家、ひろい庭!庭には鶏が(早口言葉じゃない)5羽、菜園や果樹がたくさん!
お部屋もかわいく、感動したのはバスタブ付きのバスルーム!
b0198951_9375011.jpg
b0198951_9382667.jpg

朝ご飯もヨーグルトや自家製フルーツコンポート付きで美味しい~♪
b0198951_9395567.jpg

いよいよ列車に乗ってソールズベリーへ、そこからバスでストーンヘンジへ。
b0198951_9413423.jpg

b0198951_9441648.jpg

さすがの神秘的オーラを感じます。(なんだ、そりゃ?)
大きい石…、しかしなんだか見飽きません。ずっと見ていたい気分になります。
ソールズベリー大聖堂もすばらしい!昔のひとってすごいなと単純な感想。
b0198951_942938.jpg

[PR]
by moemoe-usagi | 2014-08-12 09:32 | イギリス

イギリス2014、3日目

今日も宿の暖かい朝ごはんをいただいて、ロンドンを離れます。
パディントンからバースで乗り換えて、大好きな街、Bradford-on-avonを目指します。
とりあえず、B&B に荷物をおいて、これまた大好きなティールームthe Bridge Tea Roomへ。
b0198951_9144426.jpg

b0198951_9304694.jpg

クロテッドクリームの美味しさに娘がめざめてしまいました。う、うまい…涙。
(がつがつ食べてしまったので、この写真しかない)
b0198951_915616.jpg

ここのお茶は美味しいね~と娘。サンドイッチも美味しそう、ひとくちちょうだいな。
b0198951_9152686.jpg

川辺を散歩しているとカナルボートが通ります。いいな~。それを横目で眺めつつ、公園で遊ぶ。(この公園が気に入って、出発の朝もぎりぎりまでここで遊ぶことに…。)
b0198951_917378.jpg

運河沿いの散歩はほんとに素敵。(しかしこの後突然の雨、レインコートで木の下に避難)
b0198951_9173865.jpg

夜ごはんは街のFAT OWLというレストランで。
b0198951_9542879.jpg

kid's menuもあり、店員さんはイケメン、厨房近くの席からシェフのすばらしい手際がよく見えて、楽しく美味しい時間を過ごせました。ちなみにダックのコンフィ注文、皮がぱりぱり、中ジューシーで美味しかったけど、アイルランドでダックと遊んだあとにこれって、私残酷かも?
[PR]
by moemoe-usagi | 2014-08-11 09:13 | イギリス

イギリス2014、2日目

朝ご飯、イングリッシュ・ブレックファストです!
b0198951_9283892.jpg

landladyのLekhaさんが明るくてとてもよい方で、いろいろ好みをきいてくれ、オーブンやフライパンでじゅうじゅういい音といい香りで作ってくれる。こんがり、美味しい!ロンドンで作りたて、しかも楽しくおしゃべりしながら朝ごはんをいただける宿はあまりないように思う。Lekhaさんのいとこだというかなり太ったおばさん、ひとつ仕事をすると疲れたわ、一休みといって座る…。う~む、働いてるより座る時間のほうが多いけど、ま、いっか。おもしろいし、lekhaもshe is comedyと言っていたし。
日曜日なので、corombia road とliverpool streetあたりのマーケットを見に行く。
しかし雨が。レインコートを着るもびっしょりな感じ。しかたなし…。
前からいきたかったvintage heavenでアンティークのポテト用カッターと、ヴィンテージファブリックの大きいバックを買う。このバッグの売り上げの一部はチャリティである。
隣のティールームでお茶。店ごと持って帰りたくなるほどかわいい空間。スコーンとクロテッドクリーム、いちごジャムが美味い!
b0198951_9291119.jpg

日曜マーケット、えんえんと続く。途中でスムージー。いろいろな国の屋台があって、お腹いっぱいなのが悔やまれる。
b0198951_929194.jpg

夜ごはんは宿近くのGiraffeにて。子供メニューもあるし美味しいし選択の幅もあるから旅のときは必ず利用するレストランである。娘のビーフバーガー。
b0198951_930375.jpg

私はフィッシュケーキ。あつあつの魚のコロッケ、美味い!
b0198951_9301928.jpg

宿近くの休憩したカフェ、camomile、窓辺のテーブルは開放的で気持ちいい。
b0198951_9333886.jpg

今日マーケットで買ったポテトカッター。これでなみなみのフライドポテトが作れる♪
b0198951_1015290.jpg

[PR]
by moemoe-usagi | 2014-08-10 09:26 | イギリス

イギリス2014、1日目

9日朝、Sue と別れて、バスでダブリン、そこから乗り換えて空港へ。そこでwi-hiが無料で使えて、日本の旦那にメールを試みる。つながった~♪ ロンドンならスタバがあるからipadで日本までの飛行機のチェックインできるわ、と今更ながら感動。
免税店で買い物はめったにしないけど、最後にアイルランド土産をちょこっと購入。アイルランドの大理石を使った天使モチーフのペンダントを娘に。
Sueがもたせてくれたパンやきゅうり、チーズでお昼ご飯をすませる。
ヒースローからエクスプレスでパディントン、そこから地下鉄でbelsize parkを目指す。乗り換え、面倒だ。なんとか今日の宿、Primerose House Hotelにつく。
部屋は庭に面していて、かわいい感じ。とりあえず荷物をおいて街にでて、コインランドリーを探す。夕飯はまだSueのパンがあるから、ハムとヨーグルト、いちごなんかをテスコで購入。高級住宅街Hampstedのとなりなので、いい感じの街並。
しかしイギリス、すべて高い!円が弱いせいなのだが…、スタバのコーヒーの値段で比較しても日本の1.5倍近いのだ。
[PR]
by moemoe-usagi | 2014-08-09 08:59 | イギリス